禁パチする100の掟ブログ

禁パチする100の掟で「パチンコ依存症」からの完全離脱を達成するブログ

カテゴリ:禁パチと誘惑

パチンコやパチスロは絶対に勝てない。 それを聞いた時さ「俺だけは違う」って思っていた時もあったよ。 大勢の人が負けている事は知っていたし、 調子が良ければ一月ぐらいなら勝ち越した事もあったしね。 でもさ、 やっぱり「勝てなくて当たり前でパチンコをする」と ...

ここ最近「パチンコの借金」についてメッセージをくれた方へ。 先に言いますがメッセージには返信していません。 だから、記事でアンサーさせて頂きますね。 パチンコ、借金、お金の不安、明日への不安。 心が痛むような内容。 その全部の気持ちが俺もわかるからさ。 ...

今回は元ペカチュウさんと約束していた内容。 パチンコの顔認証について。 まずさ、 自分の持ち物で、 カメラが搭載されている物。 誰もが一つは持っている時代だよね。 そんな時代ですから、 パチンコ台一台一台にカメラを搭載するのなんて朝飯前です。 つまりカメラ ...

ある日パチンコで10万近い金額を勝ってさ、 脳に刻まれたあの記憶。 大当たりの快楽。 大金を得る快楽。 高揚感。 無敵感。 これを持っていないパチンコ依存症はいないと断言する。 その時の記憶を頼りに、 もう一度! その繰り返しがパチンコ依存症の行動だよね。 ...

今日はバイト先の先輩に誘われて、 人生初めてのパチンコを打ちました。 最初は隣同士でも声が聞こえないほどの「音」が怖かったです。 パチンコの玉を耳に入れている人がいて驚きました! あの玉はちゃんと耳から取れるのかな? ...

クリスマスぐらいは出してあげよう・・・ いや待てよ。 クリスマスにパチンコするような極度のパチンコ依存症なら、 今日は沢山お金を使ってくれるよな! クリスマスは客のイベントじゃなくて、 店のイベントだな! わっはっは。 よし! 俺様も鬼ではない。 パチスロ ...

以前パチンコの音について書いた。 「パチンコ屋の騒音は人間を壊す為の武器なんだ」 今回は、 「パチンコの光で体調を壊した人」 からのメッセージを随分前に頂いたので、 今更ですが調べてみた。 うん。 やっぱり、 パチンコの台は恐ろしい兵器だわな。 ...

パチンコ出ない。 パチスロ出ない。 そういう声をもう何年も聞く。 今のパチンコは出ない。 今のパチスロは出ない。 そういう声も何年も聞いている。 これからのパチンコは出ない。 これからのパチスロは出ない。 うん。 こんな声だってもう何年も聞いている。 ...

パチンコのゲーム性。 弱い演出からハズレと思いきや発展。 壮大な色や演出で煽りが加わっていざロングリーチ。 主人公が勝つか負けるかハラハラドキドキ。 最後はまるで自力かのように「押せ!」の文字! 台によって様々だけど、 長いリーチだと2分とか3分はあるんじ ...

※この記事のタイトルは「パチンコ依存症は煮詰まるとパチンコしたくなるようだ」でしたが、正しい日本語は「行き詰まる」とご指摘頂き、タイトルを変更しました。文中はそのまま恥を晒し続けます。 この世を生きるのは、 決して楽しい事ばかりじゃないよね。 禁パチにス ...

パチンコ屋の騒音の中に大勢の人がジッと画面を見つめている。 皆どんな事を考えているんだろうな。 俺はさ、 この1万で大当たりを引け引け引け引け引け・・・ もしも財布が空っぽになったらお金の工面はどうしよう・・・ あの台激アツだ。ハズレろハズレろハズレろハズ ...

パチンコ屋の第一目標。 「とにかくどんな手段を使っても来店してもらう」 に尽きる。 来てもらえればどうにでもなる。 絶対に自分たちが負けない仕組みの中で遊ばせる事ができるもんな。 ここ何年かでパチンコ屋のサービスってさ、 どんどん充実していってるんだよね。 ...

禁パチに自信がついてきた。 もう1回ぐらいパチンコしてもきっと大丈夫。 もう同じ過ちはしないさ! とは言っても、 ちょっと怖いから1円パチンコと5円スロットだけにする。 ほとんどお金使わないだろうし、 趣味もほとんどないからこれぐらいならいいでしょ? 皆やっ ...

パチンコの規制・パチスロの規制。 どんどん進むんだってね。 ちょっと前のコメントで俺に規制についての言及をリクエストしてもらったので、 胸のうちを書かせて頂きます。 俺がちょっと調べただけでわかったのは、 パチンコは、 甘デジまで含めた全ての台で「継続率の ...

禁パチを始める時に、誰もが思うかもしれない。 「こんなにパチンコに行きたい気持ちが強い・・・ なのに自分は本当にやめれるの?」 って。 「行きたいなんて考えちゃう自分が怖い」 って。 「あんなに禁パチを決意したのに行きたい気持ちが出てきちゃう」 って。 ...

↑このページのトップヘ