okite

禁パチの掟6番が決定しました。

きっと禁パチをする時に「パチンコのやめ方」を考えるところから始めると思う。

俺もそうだった。

でも、パチンコのやめ方ってさ、十人十色なんだよな。

パチンコ依存症は、パチンコの台を研究してきたように「自分を研究」する事から始めよう。


パチンコのやめ方ではなく、自分自身を見つめ直すことから始まる



パチンコのやめ方よりも先に、まずは自分を知る必要がある。

それは、自分の性格だったり生活習慣だったり生活環境って事。

パチンコ依存症というのはさ、

最初に「パチンコがしたい」という欲求がある。
その次に「パチンコをする為に●●をしておこう」などと考える。
そして、パチンコ依存症の末期になると、大事な物事を見て見ぬ振りをしてパチンコに向かう。

だからさ、

パチンコ依存症に「なる事ができた」んだよ。

いいか。

禁パチも同じなんだ。
まったく同じ事なんだよ。

最初に「禁パチをする」を持ってくる。
その次に「禁パチをする為に●●をしておこう」と考えておく。
そして、猛者になると、そんな事を意識する必要もなく禁パチが当たり前になる。

このさ、

●●こそが、「自分を知らないと出てこない」物なんだよ。

つまりさ、

もうお金がもったいないからやめます・・・
なんていう一時的な感情で簡単にやめられる物なんかじゃない。



パチンコをしていた習慣を思い出す



パチンコをしたくなるきっかけは「習慣」にも大きく関わる。

仕事終わりに毎日パチンコに通うのが日課だったなら、
就業時間の終わりが近づくと頭の中はパチンコでいっぱいだろうね。

子供を保育園に送ってパチンコに行くのが日課だったなら、
預けた帰り道にはパチンコ屋に吸い寄せられるだろうね。

こうやってさ、

空き時間をパチンコで埋めてきたのがパチンコ依存症。

つまりさ、

この時間が一番の踏ん張りどころだってわかる。

俺はさ、

仕事終わりでも休日でも空き時間さえあれば、すぐにパチンコ屋に向かった。
そして、パチンコが終わるのは、「パチンコ屋の閉店時間」か「財布がからっぽになるか」だけだった。
こんなパチンコ依存症を十数年やってきた。

俺の場合は習慣というよりも、生活の一部。
いや、人生の大半を捧げていた。



自分の性格の弱点をきちんと理解してしまえ



次に自分の性格を見直してみよう。

パチンコで負けた帰りに「熱くなってクソ台に●万円も使ってしまった・・・」なんていう後悔をするのがパチンコ依存症。
だから、パチンコ依存症には熱くなっちゃうタイプが多いのかもね。

そういう表面上の性格も一つ。

そしてね、

やっぱり内面なんだよ。

俺はいつかの記事で自己分析をした事もあるけどさ「嫌な事」があると逃げる「性格」だった。
それにさ、心の奥底じゃ「どうせ無理」が思考の根っこに染み付いてた。

パチンコ屋にいつも逃げ込んでた。
それが引き金になって、大きな大きなスリップもした。

そう。

俺は現実逃避をしてしまってたんだよな。

本当なら壁に当たったら「早く解決しよう」って考えるべきなのにね。

・・・

今こうして改めて思い起こすと心底不思議だよ。
今の俺ならこんなに簡単に思える事が、当時の俺には「何よりも難しい」と思えた。

この自信は何ものにも代えがたい。



パチンコ習慣や性格を知ったら考えること



禁パチはさ、ただただグっと踏ん張るだけでも達成できる。

でもね、やっぱり長年やってきたパチンコだろう。
「一回悪魔」は簡単には仲間にはならないし、心の隙間が大好きなんだよな。

だから習慣や性格を踏まえてさ、
パチンコの「代わり」を積極的に探そう。

俺は禁パチ開始からしばらくは、本当にいろいろな事に挑戦した。
DIYとかゴルフの打ちっぱなしや映画館に行ったり、食べ歩きもしてた。
そういう気力が起きるまでには時間が掛かったけどね。

自分の性格を知れば、きっと新しい風が吹く。

ただ一つだけ、

「パチンコを超える楽しさ」なんて物は意識して求める必要はないよ。
最初は、何年もハマれるようなパチンコという遊びに敵う物なんてないと思え。
そんな都合の良い物がすぐに見つかるなら、パチンコ依存症なんて苦労しないもんな。

禁パチ中の暇を埋める



禁パチをするならまずは己を知ってしまえ!



禁パチ猛者達が言うよね。
禁パチとは「最後は自分との戦いだ」ってね。

うん。

つまりさ、敵(自分)を知らずしてどう戦うんだって事だ。

こんな当たり前の事でさえ見失ってしまうのがパチンコ依存症だもんな。

でもさ、そんな不甲斐ない自分も全て受け入れてしまえばいい。
否定なんてする必要ない。
自分を本当の意味で「知る」ってのはそういう事なんだよな。

俺だってさ、自分の弱点を知る所から始まり、認め、踏ん張り、克服し、今がある。

・・・

さぁ、

いいか。

この話には続きがあるぞ。

俺は声を大にして禁パチを叫ぼうと思う。

だけどその先はさ、

自分の人生。

己を知れば色々な道が開けてくるぞ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。


Nintendo Switch Lite ターコイズ 【予約特典】デジタル壁紙 配信
Nintendo Switch Lite ターコイズ [Video Game]
任天堂

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ