100%禁パチ我慢


俺の名前は「左柄内玉男」だ。
パチンコ依存症だと思うが幸い借金はない。
だが、貯金もない。

将来の事は考えてはいるが、どうにでもなるだろう。
宵越しの銭は持たない主義だ。

昨日パチンコでコテンパンに負けた。
給料日まで「禁パチ」ってものをしてみるか・・・。

ふぅ。

なんだと・・・

禁パチ1年?
禁パチ2年?
禁パチ3年?はぁ!?
禁パチ4年?

ふ、ふ、ふざけるな!

俺様が何度挑戦しても禁パチ成功できないのに・・・
こんなに禁パチ成功している奴がいるわけないだろう!

禁パチは幻想だ!
禁パチは空想だ!
ふざけるな!
インチキだ!

邪魔したい。邪魔したい。邪魔してやる!
他人の不幸は蜜の味。


禁パチ成功者を誘惑してパチンコさせたい欲求



禁パチ成功者なんて大嫌いだ。
俺より先にパチンコから足洗いやがって。

大負けしたが・・・嘘を言って、勝ち自慢をしてやろう。
どうせネットならわからねーだろう。


パチンコで勝ったぜ!3万だ!やったぜ!
禁パチしてないでお前も勝とうぜ!
パチ屋に並んでうきうきしようぜ!
お目当ての台でバカバカ出玉出したらスッキリするぜ~!
禁パチなんてどうせ失敗するんだから今日からパチンコしようぜ!
パチンコはどんどん進化して楽しいぜ!

な?

パチンコ最高!出玉最高!
台に777が揃った時に嫌なこと忘れられるだろ?
たまんねーぞ!
お前も脳汁体験しようぜ!
3万!5万!10万!勝ってスッキリしようぜ!
勝って勝って好きなもん食って楽しくやろうぜ!


よし。
スッキリした。

ふざけやがって。
禁パチ成功者なんて実在するわけない。
どうせあいつらの禁パチも嘘だ。
馬鹿め。

ぐふふ。
全員スリップするだろうな。
ぐふふ。
スリップして負けちまえ!
ぐふふ。
ストレス発散になるぜ。
ぐふふ。


禁パチ成功者の心理がどうしても理解できない



そうだ。そうだ。
パチンコは勝てば何も問題ない。

毎日勝てばいい。
毎日は無理でも毎週勝てばいい。
毎週は無理でも毎月勝てばいい。

そう考えると簡単だ。
ぐっへっへっへ。

パチンコで負ける方が難しいと思えるぜ。
パチンコで負ける奴は下手くそなんだ。

・・・

くそっ。
出ねー店だ!
潰れちまえ!

こうなったら禁パチ成功者の邪魔してやる。


大当たり~ぐっへっへっへ。
今日も快勝だぜ~。
3万ゲット~。
今月10万勝ち~。
俺様にはパチンコの神がついている~。


ふぅ。
スッキリしたぜ。

おかしいな。
昨日の俺の勝ち自慢読んでスリップした奴はいないのか・・・。

くそっ。
なぜだ。

強がりやがって。
化けの皮剥がしてやるわ!
お前らも毎日パチンコして負けてるはずだ!


「自分の吐いた言霊」が「自分の心を濁す」という事に薄々気付く



またパチンコ負けた!
遠隔だ!
二度とこんな店くるか!
馬鹿野郎!

こうなったら禁パチ成功者の邪魔してやる。


パチンコは適度に遊べば最高~。
パチンコはうまくやれば楽勝~。
今日も5万勝ち!
1万発!
3千枚!
明日行けば勝てるぜ!


ぐふふ。
全員負けちまえ!

くそっ!
ネットでは勝ったふりしてても、
財布は空っぽだ・・・
くそっ!
なめんなよ!

本当の俺は勝ってる俺だ!
今の俺はちょっと運が悪いだけだ!
勝てばいい。勝てば現実に近づく!

蔑んだ目でこっちを見るな!
くそっ!


「他人の不幸は蜜の味」は「嘘なのかもしれない」と気付き始める



自分以外が不幸になれば最高だぜ!
俺以外全員負けろ!

輝いてる奴は嫌いなんだよ!
俺とお前らと何が違うって言うんだよ!

どうして禁パチの報告なんてする必要がある?
どうして他人を応援なんてしやがる?
何の得がある?
こいつら損得勘定できないのか?

馬鹿の集まりだろ!
パチンコ下手くその群れ!
俺の方がパチンコうまい!

スリップしたのにまた頑張るとか言ってる奴がいるぞ!?
頭ぶつけたのか?
パチンコ依存症に戻る方が簡単だろ?
なんで自分で大変な道選ぶ?

大馬鹿だ!
禁パチなんてくそくらえ!

一緒に禁パチしよう


え?

こいつ、俺を禁パチさせようとしてんのか?
ぐっふっふ。
馬鹿め!誰が禁パチなん・・・か・・・


禁パチという世界を知った男の末路



店に騙され、
釘や設定に騙され、
台の演出に騙され、
店と戦い、
他の客と戦い、
自我をなんとか保つパチンコ依存症。

そんな男がさ、
今俺達が見ている「禁パチの世界」を理解できないのは当然なんだよな。

俺も。きっと皆も。
ここまで酷くなくてもさ、心理や思考に思い当たるふしはあるかもしれない。

ほら。

パチンコしていた時を思い出してみるとさ、
赤の他人が大当たりしても心から祝福する奴はいないもんな。
時には敵意をむき出しの態度を取られる事もあった。

それはね、

パチンコっていう遊びはそもそもさ、
一定の還元を「客同士で奪い合う遊び」だから。

大負けした帰り道なんてさ、
世界全員が敵に思えるほどやさぐれる。

こんな気持ちが嫌で嫌で。
いつか思考だけじゃなくてさ、
性格や人間性まで破壊されるのが怖かったのを覚えている。

でもさ、

そんなモヤモヤを吐き出す場所なんてやっぱりなくて。
他の物事に八つ当たりが精一杯。
たくさん吠えた。
たくさん悶えた。

でもさ、

八つ当たりすると自分に返ってくるんだよな。
どんどん自我が崩壊する。

そんな状態でさ、
禁パチ成功者は眩しくて眩しくて直視なんてできなんだよな。

少なくとも俺はそうだった。
当時は「自分が禁パチ何年もやっている姿」なんて1mmも想像できなかった。

だからさ、

雲の上の存在なんだよ。
自分には無理な事をやっている人っていうのはそう見える。

それをさ、

「自分には無理」にするか。
「自分も目指す」にするか。
そんなもん自由なんだよ。

いいか。

「お前」はもう禁パチの世界を垣間見てしまった。
勝った時、負けた時、寝る前、起きた時、
禁パチ猛者と自分の「差」に不甲斐なさを感じるかもしれない。

でも、

俺も同じ道通ったぞ。
だから心配なんていらない。

禁パチを目指す時に必要な「猛者達の立ててくれた目印や旗」は禁パチ街道にたしかに転がってる。
歩くのは「お前」の勝手だ。

まぁパチンコ依存症の言葉にできない闇。
辛いよな。

うん。

暑くなるからな。

水分補給だ。

頑張れ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。


人生で大切なたったひとつのこと
人生で大切なたったひとつのこと [単行本]
ジョージ ソーンダーズ
海竜社

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ