0%禁パチ我慢

「いつまでもパチンコをしていられない」

そんな事は何年も頭の中にあるけど、足が勝手にパチンコ屋に向かってしまう人。
大負けして「もう二度とパチンコやパチスロはしない」と決意したにも関わらず、翌日にはパチンコ屋に向かってしまう人。

恥じる必要もない。
悩む必要もない。

パチンコ依存症なんだから、当然の思考と行動。
そうなるように作られているから、打ちたい欲求が出ても当然。

取り返したいお金や、一回の勝ちへの拘りも当然。
頭の中にスリーセブンが焼き付いて、負けた金額の計算を続けてしまうのも当然。

それでいいと思うよ。

そのさ、圧倒的理不尽で不利で悔しい気持ちで命の危機すら感じる「今」は、パチンコなんかに依存したんだから腹をくくっちゃえばいい。

そう。

「完全敗北を己の中で認める」

この日が近い証拠。


そろそろパチンコをやめなきゃマズいという思考



この記事は「そろそろパチンコをやめなきゃマズい」なんていう思考のままパチンコ依存症をしている人を思いながら書き始めたんだけど、やっぱり自分の経験以上の事は言えないし、俺が言いたい事は一つだけ。

「俺はパチンコで勝つ事はできない」っていう事実。

今までに数十万、数百万、人によっては数千万という金額をさ、人生の大半を使って「勝つ為」に行ってきた事を否定して申し訳ないけどさ。

でもね、

俺は何度でも事実だけを言うよ。

「俺はパチンコで勝つ事はできない」

きっと読んでくれているあなたも同じだと思う。


あのね、

俺がもっともっと努力すれば「叶う可能性がある物事」だったなら、「惜しい」という結果になってもいいはずでしょ。

でもね、パチンコしていた頃の収支は信じられない金額の負けが年単位で続く。

パチンコの集計記事でもわかったけど、全然惜しくない。
ほぼ全員が「圧倒的負け」で禁パチ街道に突入する。


うん。

ネット上にはさ、
パチンコが勝てない仕組みを説明してくれる記事なんかは山程ある。
パチンコで上手に勝つための方法を説明してくれる記事なんかも山程ある。

俺も当時はさ、少しでも勝つ為に頭を使ってたはず。

でもね「俺はパチンコで勝つ事はできなかった」んだよね。

ネット上で「甘い台」なんて聞けば、迷わず座ったりもした。
「爆裂機」なんて聞けば、数万円握りしめて夢を買いに行ったりもした。

そんな事はどうだってよくて、
俺がパチンコなんかに依存した時点で結論は出ていたんだよな。



パチンコをやめる決定的なキッカケがほしい



パチンコは一気にトドメを刺してくれない。

前にも言ったけどさ、小さな火で炙るように徐々に徐々に地獄へ案内される。

だからさ、

大負けという、本当なら「こんな物やってられるか!」っていう経験をしても、手元にお金が入ればリセットされてしまう。

一勝負できる・・・
大当たり・・・
連チャン・・・
爆勝ち・・・

パチンコを「やめる」より「一回だけ継続する」を選ぶ方が簡単簡単。もうね笑っちゃうほど簡単。

つまりさ、

パチンコ依存症にとって大負けなんて日常茶飯事。
パチンコをやめる決定的なキッカケにすらならない。

これがヤバイ。

無意識に「次勝てばいい」という思考。

そう。

そうなんだよ。

大負けは「パチンコを続けるキッカケ」になっているって事なんだよ。

だからさ、

負けた時に「もう二度とパチンコしない」と自分の中で誓ってさ、
それを守れなかった自分に対して嫌気。
自己嫌悪。

そんな事があっても恥じる必要はない。
悩む必要もない。

当然。

だって正真正銘パチンコ依存症なのだから。

本当に「パチンコをやめるキッカケ」なんかを「待っている」ならば、それはもう底付くしかない。

ギャンブル依存症の「底付き体験」から学ぶ物

パチンコをやめるきっかけは待っていてもこない。
自分の心が「パチンコやめたい」と叫んでいる事に「気付いた時」、きっかけは始まっているんだよね。

パチンコ依存症なんてのはさ、他人に嘘ついてパチンコするような性格に陥る。
そのうち自分にも嘘をつきはじめる。

そんな末期まできっかけ待ちなんてさ、俺に言わせれば、馬鹿とか阿保とかクズとかカスとかで言い表せる範疇を超えている。

底を付いた人間から言いたいのはさ、やめたいなら1秒でも早くやめた方がいい。
目先の負けや収支なんてどうでもいい。
禁パチ1年2年と経た時、そんな数字は誤差になってるぞ。

比べるなよ。

他人と。

自分の人生だもんな。


パチンコをやめる直前に居るあなたへ



大丈夫。絶対にやめられる。

中途半端な自分の思考に恐怖する時もあるかもしれないけどね。

「昨日、打ちたくなってしまった」なんてさ。

自信の波を経験しながらさ、負けた金額突然思い出して「くそっ!」なんて憤怒しながらさ、そうやって猛者達が誕生してきた。

ずっと見てきた。

大勢が禁パチに挑んだ形跡は金じゃ買えない価値がある。
あなたが禁パチするきっかけになるのはたまたまコメント欄で見た「一言」かもしれないよ。

最後に、

「踏ん張る部分が皆無の禁パチに価値はない」って事。
どうせ禁パチするなら悔しさを噛みしめる方が圧倒的に価値がある。
だから安心して禁パチしちゃえよ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。


The 決断 決断で人生を変えていくたったひとつの方法
The 決断 決断で人生を変えていくたったひとつの方法 [単行本(ソフトカバー)]
大久保 秀夫
ディスカヴァー・トゥエンティワン

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ