0%禁パチ我慢

禁パチ中の暇は、スリップの大敵。
今までパチンコしていた時の時間を何に使えばよいのかわからない状態。

でもね、

これは長くは続かない。

だって、

禁パチすると忙しくなるからね。

今回はそのメカニズムを少しだけ考えてみたい。


禁パチすると人生の歯車が噛み合い出す


人生を組み立てている歯車なんてものがあるのなら・・・

パチンコ依存症が利用できている歯車なんてごく一部なんだよ。

表面上の2,3個だけ空回りしているような状態。

とりあえず回しておくか?ってなもんだ。

本当はさ、

夢や希望、愛や感情、スキルや経験、色々な物が密接に噛み合って自分の人生を豊かにしていくんだ。

初期の禁パチだと、
「この歯車はどの歯車と噛み合うのだろう?」
という手探りな部分も多い。

でも、

ある日「ガキーン」と音を立てて噛み合う。

そう。

歯車は連動するんだよ。

噛み合い始めると色々な歯車が回りはじめる。


歯車には油も必要なんだよ



今まで停止していた歯車を回そうとしても上手に回らないかもしれない。

焦っちゃだめだ。

その歯車にピッタリの油をさしてあげてほしい。


今までさ、
パチンコばかりのお父さんがさ、
禁パチをしたからって・・・
いきなり家族円満にはならないかもしれない。

そんな時はさ、
「家族旅行」
なんていう「油」はどうだろう。


きっとそれぞれの状況や環境でピッタリの油があるよ。

うん。


人生が進み出す



パチンコに依存している期間というのは、「人生がほとんど進まない」んだよ。

場合によっては「止まっているような物」だからね。

いや「後退しているような物」もある。



それが、

自分で少し背中を押してやると、進み出す。

あるべき方向にね。


パチンコ依存症の時のように、
「こっちでいいのか・・・?」
なんていう生き方じゃなくなる。

俺の人生は「こっちだ!」と進む事ができる。
だから「早い」んだよ。

まさに最速。


やらなきゃいけない事からやる事へ


自分の人生の中でも「やらなきゃいけない事」って思いながらも、ずっと手付かずだった事。

それが「やる事」に変わる。

だって、本気の禁パチしたんだからね。



あのさ、

30kmのマラソンに出場したつもりが、
ゴールしてみたら「すみません!あと1km進まないとゴールじゃありませんでした!」って言われたらどう思う?

「ふざけるな!30km手前から体力を調節してきたんだ!」

って怒りながらも走るでしょ。

頑張ってる人こそ、

「せっかくここまで来たんだゴールしないと意味がない」
っていう感情には絶対に勝てないよな。


それ。


「せっかく禁パチしたんだ!○○してやる!」

この副作用だよ。

これがまた人生を捗らせてくれるんだよな。

そりゃ

どんどん忙しくなるわけだ。

だって本気の禁パチしている人の「覚悟」は目には見えないからね。


禁パチ三ヶ月山を超える者の凄さ



禁パチ三ヶ月突破しました。

このたった一行の背景にあるその人の覚悟。

辛かったけど頑張りました。

このたった一行の背景にある踏ん張り。

この凄さ。

多くは語らないよ。

俺たちはその大変さと、どれだけの覚悟がないと越えられないかよくわかるからね。



こうやってさ、

選ばれし者が禁パチ道を進んでいくんだもんな。

立ち止まっているような奴はいない。

そりゃ、

忙しくなるわけだ。


時間に追われる忙しさだけじゃない


やる事が増えるメカニズムは大体わかった。

でもね、

時間軸では測れない忙しさもある。

それが「平穏な毎日を過ごす忙しさ」だったりする。

この平穏を過ごす為にパチンコなんかしている暇はないんだよな。



どうだろう?

とても「人間らしい人生」になりそうな予感しかしないよな。

禁パチってのは忙しくなるから。

覚悟しておいた方がいい。

今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。


いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) [単行本]
センディル ムッライナタン
早川書房

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ