0%禁パチ我慢

今パチンコしている奴は、禁パチしたら「年間いくら貯金できるか」を計算してみてほしい。

そして、その金額を頭に思ったまま読み進めてほしい。

念のため早見表をのせておく。

パチンコで使っている金額
月3万 ⇒ 年間36万
月5万 ⇒ 年間60万
月・・・

え?

そのぐらい計算できるって?

本当かよ。

あんなゴミのような銀の玉を4円で借りるような奴らには計算できないかと思ってさ。


で、

その金額。

計算できちゃった人は要注意だよね。

だってさ、

もうさ、

負ける前提だもんな。



パチンコが本当に勝ったり負けたりの遊戯なら、
こんな質問をしてもさ、
道理が通じないはずだもんな。

負ける前提の遊戯だから、
こんな質問が成り立っちゃうわけだ。



例えばさ、

こうやって聞かれたらどう思う?

「あなたの仕事は、働けばいくらお金を取られますか?」

って。

は?

って感じじゃんか。

何言ってんの?お金取られるって何だよ。お金貰うに決まってるだろ!

って感じじゃんか。

うん。



じゃあさ、もう一回聞かせてよ。

「あなたが禁パチしたら年間いくら貯まりますか?」

パチンコ依存症なら、何の疑いもなく計算始められるよな。



そういう事だろ。

いいか。

パチンコ依存症も末期になると、
「負けてもいいから打ちたい」
「自分の金をどう使おうが勝手だろ」
という開き直りになる。

だからさ、

ある程度は開き直らないとパチンコ依存症ってのもやってられない。

ただでさえ、
社会の目は冷ややかでさ、
自己嫌悪を繰り返す生活してたらさ、
開き直るしか自分を守れないもんな。

「たまにパチンコ打つだけだし、お金も時間も圧迫しないし、楽しんでまーす」って。

こんなに侘しいアピールがあるかよ。

わざわざタバコの煙に包まれて、
わざわざ騒音に包まれて、
わざわざ光と音の刺激を浴びてさ、
わざわざ小競り合いがあるような環境に向かって、
わざわざ稼いだ金を運んでるんだったら、
本当にそれで楽しんでまーすっていうなら何も言う事なんてないけどさ。

そんなアピールのどこに魅力や妬みや羨ましさを感じろっていうんだよ。



負けた時なんてひどいとさ、

働いて稼いだ金を握りしめて向かったら、数時間拘束されて、3万円失ったけど楽しかったぜ!

って事だよな。



でも、負けた自分を認めてしまうと悲しくなるから、中々できない。
どこかで正当化しようとする心理が働くんだよな。

「負けたけど楽しかった」

俺もこういう日は何度もあったよ。
自分で自分を騙して、パチンコの楽しかった所だけを美化させて余韻で満足しようと一生懸命。

虚しいし、侘しいし、寂しいよな。

とびきりの笑顔で言ったよ。

「負けたけど楽しかったよ」って。

これが依存症なんだよ。
これが依存症の典型なんだよ。

だってさ、

ギャンブルに触って負けたけど楽しかったなんて言えるほど狂ってるって事だもんな。

これが始めて触った遊びだったらわかるけどさ、
酸いも甘いも知ってる遊びで言っちゃうわけだ。



「パチンコのゲームで楽しめば?」と言っても、
「金を賭けないと熱くなれない!」って言うくせにな。

負けても楽しいんだってよ。

ははは。


まぁ、

やめたい。

いつかやめたい。

そんな風に続ける遊びじゃないわな。

ところでさ、

貯金の計算はできちゃった?

今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

お金の不安が消える アドラー流家計管理
お金の不安が消える アドラー流家計管理 [単行本(ソフトカバー)]
岩井美弥子
キノブックス


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ