0%禁パチ我慢

パチンコ10回行ったら何回勝てたか覚えてる?

この際金額なんてどうでもいい。

五分五分のわけないよな。

パチンコの客の勝率の統計なんかみると「客の勝率は1割か2割」だそうだ。

これさ、

回数なんかで考えるから威力が弱い。

「明日は勝てる日かも」

なんて隙きが生まれちまう。



100年パチンコしたら何年間は負けるのか?

と考えてみる。

およそ80年は負けるパチンコをする年って事だ。

100年パチンコしたら、どれだけ良くても80年は負ける遊びって事だ。



もうさ、

明日勝てるとか負けるとか言っている場合じゃないわな。

行ったら負けの勝率になってるんだよな。



金銭的な話しだけするなら、

生きている間にどれだけ触らないようにできるかの遊びだよ。



人生なんて「あけましておめでとう」をおよそ80回しか言えないのにさ、スリップしてまた1日目から計測してる暇なんてないよな。 



パチンコやパチスロってのは仕組みは複雑でもやることは一緒。

ハンドル握るか、レバーを叩くだけ。

学歴も肩書も関係ない。

ハンドル握るか、レバーを叩くだけ。

馬鹿でも天才でも関係ない。

ハンドル握るか、レバーを叩くだけ。



だから、

いくつになっても出来てしまう。

そうだよ。

100年でもできるだろうね。



え?

さすがに100年もパチンコしてたら飽きるって?



新台が出ただけでテンション上げてる馬鹿が何言ってんだ。

飽きる暇を与えない仕組みにまんまとハマっておいて何言ってんだ。



もしも1000年打ったら800年も負けをやらなきゃいけないんだぞ。

嫌だよ。

なんだよそれ。

そんな物やる奴いないだろ普通。



でも、現実はどうだろう。

2割の勝ちをいつでも夢見れる。

今日がダメなら明日。

明日がダメなら来週。

来週がダメなら来月。

気付いたら「あけましておめでとう」だ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

一歩ずつの山歩き入門
一歩ずつの山歩き入門 [単行本(ソフトカバー)]
四角 友里
エイ出版社


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ