0%禁パチ我慢

娯楽施設にゲームセンターがあったんだよ。

もちろんそのゲームセンターにも当たり前のようにパチンコとパチスロの台が置かれていた。

中学生ぐらいの子供が打っていた。

保護者の隣でね。

そのパチンコの台をよく観察してみると、衝撃を覚えた。

今回はゲームセンターとパチンコ店の違いについて考えてみたい。


100円で80発というレート。

1円パチンコよりも高いって事じゃねぇか。

うん。

台の下から何か景品が出るような仕様だったし、結局やってることはパチンコだ。



これでわかった事は、

ゲームセンターでパチンコを知った人だろうと、1円パチンコっていう入り口が用意されているって事。

0.5円パチンコなんかも出現しているらしいから、
「ゲームセンターに行くぐらいなら低貸しパチンコの方がいいや」
という客層まで完全に囲い込んでるわけだ。

もう、

ゲームセンターのパチンコと、パチンコ店のパチンコに差なんてないな。

もらえる景品が違うだけだ。



メダルの貸出しも決して安くなかった。

きっと千円札なんてあっと言う間に使えるだろうし「ゲームセンター依存症」が生まれる理由もわかる。



あのさ、

これってさ、

パチンコは勝てないからゲームセンターで我慢しようは通用しないって事だよな。

特にパチンコやパチスロは実機だし、金を使って当たりを目指すプロセスまでは完全に一致する。

たばこをやめたいと思っている奴が、まずはタールの量を減らそうって言いながらずっと喫煙している状態と変わらない。



これはゲームだ!と簡単には割り切れないパチンコ依存症にとっては、
注意しなきゃいけない場所の一つだな。

やっぱりさ、

胴元が100%得をする為には「射幸心」ってスパイスは欠かせないんだろうな。

依存症ビジネスなんて言葉まであるんだ。

自分で守るしかないんだよな。



よく考えるとさ、

パチンコの台は一台ウン十万だというのも事実だし、
その機械代を払っているのが客っていうのも事実じゃんか。

でも、

ゲームセンターの機械代を払っているのも客なんだよな。
一台の価格もかなり高額だと思うよ。

パチンコと違って金銭的欲求を刺激できない分、
より射幸心が巧妙に仕込まれている物もある。



「ゲームセンターならギャンブルではない」という固定観念は捨てた方がいいかもね。

そもそもパチンコ依存症のきっかけにはさ、
「好きなキャラクターの新台があったから」
って事だってある。

だから依存症になるきっかけが「ギャンブルだけが根底にあるわけじゃない」って事なんだよ。



どっちも一応、風営法の管理下にあるだけあるよな。

もちろん健全な娯楽施設としてのゲームセンターもあるんだろうけど、元パチンコ依存症から見たゲームセンターは依存症のキッカケだらけだった。


それにさ、

家庭用ゲーム機を買って家で遊んだり、手軽にスマホで色々なゲームが遊べるのに、わざわざゲームセンターでパチンコをする理由なんてあんのか?


「大当たりを引く為に金を払う」
こういう行為は依存度を高めるだろうな。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。


PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ