0%禁パチ我慢

禁パチ必勝本。

本日創刊です。

創刊号は無料。

定期購読割引100%。

業界初のCR禁パチ専門の攻略情報誌。



【CR禁パチ開発者インタビュー】


――まず最初にCR禁パチを作ったキッカケとコンセプトを教えて下さい。

ki-bou パチンコ依存症の頃からの夢でした。パチンコの体験で腐った脳みそをどうにか他の方法で疑似体験できないかと模索したのが開発を始めたキッカケです。パチンコ実機よりも出玉性能ははるかに多いのですが、光と音の搭載が難しい環境だったので、出玉を確変ラッシュに突入させる事で、溢れ出る脳汁を約100倍(当社比)まで上げる事に成功しました。



――CR禁パチはどんな方をターゲットにしていますか?

ki-bou パチンコ人口全てが対象と言いたい所ですが、現実的に考えると不可能だったので断念しました。最終的に形になる頃には、パチンコ依存症とパチンコ依存症予備軍に向けて開発しました。年齢層もバラバラで若者からお年寄りまで幅広くご遊戯頂ける仕様にも拘っています。



――ほぼ100%に近い確変はどのように実現したのですか?

ki-bou お金よりも大事な物を賭けてCR禁パチを遊んで頂く方もいるので、当初からリターンもそれなりに用意したいと思っていました。実現できたのは、本気の覚悟をしているユーザーしか着席できない仕組みが導入できたからです。実際には99%を切るような結果なら世に出さない事も会議で決まっていました。



――幸福準備RUSHというのはどういった物ですか?

ki-bou 実は表現するのは本当に難しい物でした。強いていうならば、溢れ出てしまう出玉を受け取る準備期間のような物です。ユーザーによっては店内の箱だけでは足りない時もあるので、準備RUSH中に出玉を置ける場所を確保する必要もありますね。



――大当たり確率が非公表ですが、当たらない人もいるのですか?

ki-bou いません。実は着席頂いた瞬間から内部的には大当たりは約束されています。ただこれには個人差があって、1ヶ月道制覇モード付近から目に見える大当たりが出やすい仕様になっています。ユーザーの中には内部確変を捨ててしまう人も多いのが、やはり1ヶ月道制覇モードなので、この辺りのバランスが一番難しい部分でした。当たらない人はいませんが、当たりに気付けない人と当たりを待てない人がいますね。今後の課題でもあります。



――随分と射幸心を煽っているように思うのですが?

ki-bou そうですね。射幸心の塊です。"適度に楽しむ"という事が苦手なユーザーが多いので、本気で楽しんでほしいという一心で設計しています。CR禁パチにどっぷり依存する為に射幸心の煽りは必須だと考えています。



――食事休憩や一時離席して席に戻ることは可能ですか?

ki-bou う~ん。パス。あっ。すみません。パス何回まででしたっけ?



――・・・・・ここからは少し突っ込んだ質問ですが、よろしかったら聞かせて下さい。

ki-bou 答えられる範囲ならばいくらでも構いませんよ。



――CR禁パチの良い台の選び方は存在するのですか?

ki-bou はい。存在します。一つだけ言えるのは、区切り日は還元率が高めに設定される傾向があります。月の変わり目、自分のお誕生、結婚記念日、年明けなど、ユーザー自身が心機一転しやすいのが強みなのだと思います。ただ、すぐに満席になってしまうので1秒でも早く着席した方がいいと思います。



――CR禁パチの製造は止まらないようですが、利益は出ているのですか?

ki-bou はい。一つは時々頂く幸せ報告があります。ユーザーさんのご厚意で出玉以上の報告を頂く時もありますので、こちらも「次回作」への開発費に充てさせて頂いております。



――次回作!?

ki-bou あっ。すみません。今の所はカットでお願いします。



――ありがとうございました。最後にユーザーに向けて一言あればお願いします。

ki-bou CR禁パチの中毒性が高いとクレームを頂戴する事もありますが、そんな事俺の知ったこっちゃありません。





次回予告。

前人未到?の「極幸福当たり」の謎に迫る。

※内容は予告なく変更になる場合がございます。

禁パチ必勝本vol.2発売日未定。



今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

引き寄せのコツ──運がよくなる96のきっかけ
引き寄せのコツ──運がよくなる96のきっかけ [単行本(ソフトカバー)]
植西 聰
自由国民社



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ