20%禁パチ我慢

パチンコやパチスロは絶対に勝てない。

それを聞いた時さ「俺だけは違う」って思っていた時もあったよ。

大勢の人が負けている事は知っていたし、
調子が良ければ一月ぐらいなら勝ち越した事もあったしね。

でもさ、

やっぱり「勝てなくて当たり前でパチンコをする」という物なんだよ。

店も客もそれで納得して成り立っている部分も大きかった。



まずはさ、換金ギャップなんて通常ならおかしい話だよね。

公営ギャンブルでもないのに地域で制限されたり、
いかにも「規則ですから」って感じだった。

規則です?

非合法ギャンブルと言われ続けている黒い部分は見て見ぬふりして規則を作る違和感。

「規則なら仕方ない」と通う客。
納得できないなら「行かなければ良い」という選択もあんのにな。

一杯10万円のごく普通のラーメンがあって、
注文して食べてから「高すぎる!ぼったくりだ!」って怒っている客がいたらどう思う?

・・・

うん。

結局さ、

「お金を入れた瞬間から負ける」という事実を受け入れてパチンコやパチスロをしていたわけだ。
誰かに強要されるわけでもなく、自分で選択してね。

それは、

「不利」だとか「勝ちにくい物」だという事を知っていて打つって事だ。

パチンコが絶対に勝てない理由は、
パチンコは勝てなくて当たり前だと知っていても打つ馬鹿が言う言葉だから。



そして、

パチンコ誕生から現在まで、凄まじい産業に育った。
ウン兆円。

毎年毎年、
毎年毎年、
どれだけの人間が負ければこんな巨額のお金が生まれるんだろうな。

数あるパチンコやパチスロの歴史を見ても、
規制される事はあっても、規制が緩和する事はほとんどないのにな。

客が勝つ事は100%ない証拠。

あのさ、

パチンコ屋が潰れる時っていうのは「客が来ない」しかない。
これ以上に怖い言葉があるかな。
客がいればパチンコ屋は儲かっちゃうって事。

パチンコが絶対に勝てない理由は、
パチンコはビジネスで運営者が必然的に勝つ仕組みだから。

詳細は100掟諜報部の部長に詳しく聞いてみてほしい。



そして、

客側の想像が一切通用しない。

あまりに負けるとさ「俺はいつも通っている常連だぞ!」って言いたくなるかもしれない。
「たまには勝たせろ!」
「たまには遊ばせろ!」
ってね。

でもね、

俺が破産してもパチンコ店は何も困らない。
むしろ早く破産させて次の新台経費に充てようと思うだろうね。

小さな個人のお金なんかまるで関係ない。
客から見れば10万円勝つのと10万円負けるのでは天国か地獄かだろうけど、
店側にしてみれば「誤差」だよな。

中型店舗でも経費で数千万が毎月毎月動くんだもんな。

「今日も3万勝ったぜ。この勢いであの店潰してやるぜ!」なんて思っていた俺。

潰されたのは俺だったよ。

パチンコが絶対に勝てない理由は、
客だけが常に破産の危機側にいるから。



そして、

あまりにも高すぎる遊戯って事。

例えばさ、

パチンコは1分間に100発打ち出せる。つまり400円分だ。
パチスロは1分間に14回ほど回せる。20円の3枚掛け。つまり840円分だ。

正確には戻り玉や子役で払い戻しがあるけど、
吸収スピードという意味ではこうなるよな。
1万円あっても30分しか遊べないって言うだけあるよな。

稼ぐ時はどうだろう?

時給1000円のバイトを例にしてみよう。
1分間の給料は16.6円ほど。
4円パチンコなら4発。
20円スロットなら1枚も手に入らない。


いいか。


同じ1分で、
稼ぐ時は16円。
使う時は400円。
400円稼ごうと思ったら24分働かないといけない。

パチンコで「1分」遊ぶために「24分」仕事する馬鹿がいるかよ?
パチスロなら「40分」は働かないとダメだろうな。

そんな環境にさ、毎月、毎週、毎日って通っていたらどうなる?

パチンコが絶対に勝てない理由は、
金の価値観を根本からぶっ壊されるから。



まだまだある。
残りは次の機会。

パチンコ依存症はさ、
「パチンコは絶対に勝てない」という言葉を信じられないんだよな。

「今日は勝てるかも」
「今日こそ勝てるかも」
「自分だけは勝てるかも」
「ちょっとぐらい負けてもいいから」
「次こそは勝つ為の立ち回りをしたい」

どんどん行く為の理由を探すからな。

挙句、

「俺みたいになるな」なんて悲劇のヒロイン。

「俺の人生はパチンコばかりだったけど・・・」なんて語り口調で何言ってんだ。

まだ生きてるくせに「もう遅い」なんて決めてるのは自分自身のくせにな。

一度でいいから禁パチを成功させてみろよ。
同じ言葉は絶対に出てこねーよ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

VORNADO パーソナル・サーキュレーター(空気循環器) ブラック Flippi V8-JP
VORNADO パーソナル・サーキュレーター(空気循環器) ブラック Flippi V8-JP [ホーム&キッチン]
VORNADO(ボルネード)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ