0%禁パチ我慢

「ギャンブル」は人間の心理と密接に・・・
・・・
なんて、
固い事はどうでもいい。

ギャンブルに依存しない為じゃなく、
ギャンブルに依存する為にはどうしたらいいか。

それは、

「惜しい」を経験させる事だ。



「惜しい!もう一回!」ってね。

その中で大勝と大敗を何度も経験して、
脳みそをぶっ壊す。

でね、

競馬や競輪や競艇の惜しいってのはどんなものか。
公営ギャンブルと言わせるぐらいだから、
目に見えて、配分も自分次第。

ゴール前で鼻差で負ける。
なんて見たら「惜しい」と叫ぶだろうね。

だからこそ、
「惜しい」だろうし、
「悔しい」だろうね。

でもさ、

パチンコはさ、
相手が機械。

「大ハズレ」さえも「当たりそうでしたよ」と装ってくる。
強制的に「惜しい」を作り出しているわけだ。



あのさ、

パチンコのリーチって何がリーチなんだろうな。
内部ではハズレなのにな。
あのリーチはすでに「小さな惜しいを作る演出」なんだろうな。

パチスロなんかだと、
ある出目が止まればリーチ目だから、
惜しいの連続なんだろうな。



そして、
色別された期待度とかいう幻想。

赤保留。
赤オーラ。
赤文字。

そんな物が出ても内部ではハズレなのにな。

じゃあなぜそんなに煽るのか。
近年業界でも話題になってた「射幸心」を狙い撃ってるわけだ。



まぁ、

そうやって、
小さな惜しいで埋め尽くされてる。

すると、
頭の片隅に「勝てそうだ」という印象が強く残る。

実際に負けてても、
その「勝てそう」が頭に残っているから、
永遠に「次こそは」の連続になるんだよな。

金銭感覚はもちろん狂ってるから、
「勝てそう」「楽しい」「儲けたい」
という欲求に大金を使う。

この状況を一言で言うとこうなる。

次こそは、
勝てそうだし、
楽して、
稼ぎたい。

だ。

結局は甘えてんだ。
だってさ、
全部逆の言葉にしてみろよ。

いつやっても、
負けるから、
真面目にコツコツ、
貯金しよう。

だ。

ギャンブル依存症の真逆の生き方だ。

まずはさ、

お前の頭にある、
「勝てそう」
がどれだけ現実離れした夢なのかを知ったほうがいい。

周知の事実だけどさ、
パチンコは普通に打てば8割負ける。

絶妙な勝率。

100人に1人しか勝てなければ、
客も減るだろうけど、
5人に1人が勝てるなら勝負になりそうな気がするもんな。

その割合を別な物に置き換えよう。

5日に1日勝てる計算だよな。

ん?

って事は、
5年パチンコ通っても、
4年は負けて終わる。
10年パチンコしたら?

うん。

そりゃ借金する奴も増えるわな。



まぁ、

これだけ不利でも、
ギャンブルは「勝てそうで勝てない物ほどハマる」んだよな。
依存する。

ギャンブル依存症は、
負けのどん底から勝ちに転ずるあの「一瞬だけ」の高揚感に生かされているんだな。

え?

明日は勝てそう?

うん。

心配するな。

8割は負ける。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー [Video Game]
任天堂



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ