20%禁パチ我慢

画像に禁パチ我慢度なんて書いておいて言うのも気が引けるけどさ、

「パチンコ依存症は我慢」
ってのは最終的には間違ってるんだよな。

今回はより厳密に、
パチンコ依存症と「我慢」について考えてみたい。

そして、
より大事な「諦め」を心底感じてほしい。


パチンコ依存症が我慢を感じる理由は何だろうな?

答えは一つ。

「パチンコ行きたい」
という気持ちがあるから。

つまり、

この我慢がなくなるのは、
「パチンコ行きたい」
がなくなってくる時なんだよな。



するとさ、
「パチンコ行きたいとも思わなくなってきた」
って日がくる。

これはさ、
禁パチしてると必ず感じる感情。



という事は、
そこからの禁パチの姿勢の中心が「我慢」ではなくなる。

そう。

「もう、どうでもいいや」

に変わる。



「今までの負けを取り返さなくていいの?」
なんて聞かれても、

「自分には無理ですよ」
と本心で言える。

うん。

まさに「諦め」が消化された瞬間だと思うよ。



でもさ、
パチンコ依存症に最初から「諦めろ」なんて通用する?

だってさ、
悔しさがパチンコ依存症を加速させてるわけだからね。
パチンコで悔しい経験をするからハマる

そう簡単に諦められる物には人は依存しなわな。



ここまでを考えるとさ、
どう考えても禁パチするなら「我慢」は避けれないよな。
これは絶対に覆せない事実なんだわ。

そして、

その最中に気付く。
視界に広がっちゃう。

その感情を慣れないポエムを使って表現しようと思う。

え?

酔ってるのかって?

いいえ。

まったく。


・・・


あぁ、愛しのパチンコ

あなたは振り向いてくれない

私は空

あなたは海

決して交われない

愛しさと切なさをありがとう

もう会えない

あなたの面影は忘れない


・・・

うん・・・。



もうこんな感じじゃんか。

はっきり言おう。

「無理」を「認めて」さ「諦める」って事なんだわ。



大事なのはさ、

パチンコって、
100%負けるって物じゃないんだよな。
だからいきなり「無理」だとは思えない。

「勝てるかも」とか、
「あと一回だけでも勝ちたい」とかさ、
そんな発想がある時は「我慢」に決まってる。

パチンコ依存症は我慢であり、
パチンコ依存症は諦めでもある。
もちろん同時にこの感情に襲われる事もある。

それを世間では、

「わかっちゃいるけどやめられない」
などと言う。

そして、
そういう奴を馬鹿とも言う。

そうだ。

俺は「馬鹿」だったから「我慢」して「諦めた」んだよ。

そういう話。

最後に言うけど、
「小学生のポエムよりひどかったですよ」
とかいうツッコミは遠慮してほしい。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ