0%禁パチ我慢

前回にも通じるけど、初期の禁パチに焦点を当ててるよ。

禁パチの空き時間。

例えばさ、

禁パチを開始したから、
これから毎日、
会社から真っ直ぐ帰ろう。

そう思ったとしよう。

その時の感情を想像しよう。

「毎日が単調だ」
「暇だ」
「刺激がほしい」

おおよそこんな感情に出会うはず。


さらに、

この人の志が高くて、

空き時間で、
資格の勉強をしよう。

などと自分磨きに励んだとする。



すると、
ストレス発散する場所がないから、
何かの区切りで猛烈にパチンコで散財したくなる。



勉学に向き合ったり、
自分磨きは、
一見有意義な禁パチに見える。

それは正しいと思う。

でも、
初期の禁パチの時点では、
「本気で欲しい資格に目掛けて頑張る」
のと、
「空き時間ができたから資格でもとろう」
というモチベーションの差は埋められない。

そもそも、

「禁パチしながら」
という状況だけでも、
心は戦っている状況なんだよな。



あのさ、
念のため言っておくけど、

俺は今、
自分磨きや資格だろうが何だろうが全力で向き合える。

それは、
禁パチに揺るぎない安定があるから。
強固な地盤があってやっとできる。



つまりさ、

禁パチの掟とも言える、
まずは「禁パチの地盤を固める事に全力」でいいんじゃないかと思う。

俺も過去の自分を振り返ると、

まずは、

パチンコをしない日の一日の長さを味わった。

お金は減らないものの、
貯まるスピードの遅さにガッカリした。

パチンコしか知らなかったから、
やる事の選択肢の狭さに驚愕した。



こういう日々。

三ヶ月山の中に凝縮される思い。

この感情をきちんと味わう事もやっぱり重要なんだよな。

急ぐなよ。

この期間を一歩一歩噛みしめる。

そして、
その時に大事な事。

やっぱり「楽しもうとする」べきなんだわな。



禁パチの初期は、
「パチンコ屋に行く楽しみ」
を脳から取り上げた状況。

自分でどれだけ理解していても、
傷だらけの脳は「楽しかった物」だと思ってる。

だから、

どれだけ小さな物でもいいから、
少しでも「楽しい」と思える事を見つけてあげる。



好きなドラマを片っ端から見るのもいい。

前回のコメントでも大勢いた、
ゲームやアプリなんかでもいいし、

子供と全力で遊ぶんだっていい。

欲しい物を買う目標だっていい。

もちろん先述した、
資格を目指すのも「楽しんでできる」ならば最高だよな。



今回の話はさ、
「初期の禁パチには資格だとか自分磨きの志なんかいらねぇ」
なんて言ってるんじゃない。

まずは自分の「楽しいを埋めてやれ」って事なんだよ。

どんな小さな事でも、
何だっていいんだからさ。



いいか。

今のお前は、

自分は何をすると楽しいのか?って知ってんの?

当たり前のようにあった楽しみにも目も向けず、
パチンコに通ってたわけだ。
それが最大限の楽しみだと錯覚しながらね。

「小さな楽しみ」

この「点」がもたらす効果はすごいぞ。
山を越えた圧倒的な景色の時、
この「点」がどんどん繋がる。



あのさ、

偉い偉い誰かがさ、
「座禅を組めば100%禁パチできる」
って言ったら本当にやんの?

俺なら、
絶対スリップする自信がある。

結局さ、
自分にマッチしてない物じゃ絶対無理。

じゃあマッチする物なんだ?って。

うん。

やっぱり少しは自分の心が踊らないと無理だよな。
下向いて禁パチなんか無理なんだよ。
前向くには少しぐらいわくわくする物もなきゃな。



禁パチ成功者を沢山見てて思うよ。

少なくとも「自分の人生をちゃんと楽しもうとしている」じゃんか。

俺も正直さ、
「折角禁パチするなら何かしないともったいない」
こういう感情は当初は強かった。

でも、
プレッシャーにプレッシャーを重ねていた部分もあった。

禁パチしたら節約しなきゃいけない。
時間を有効活用しなきゃいけない。
遊びはほどほどに。

そんなちょっとした僧侶みたいな思考もどこかにあった。

でも、

真逆だね。

自分の範囲内で盛大に楽しむべきだし、
頑張るものは思い切り頑張るべきだ。

健康的な禁パチをして、
どんどん鮮明な世界にしようぜ。



まぁ、

お前もさ、

ある日、

エンジンが掛かっちまうよ。

誰に言われるでもなくね。

資格だ自分磨きだ。

そりゃもう全力だよ。

俺の糞ブログの存在すら忘れて、

奥歯まで見えるほど大口で笑っちゃってんの。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ