0%禁パチ我慢

信じてくれる人。

あのさ、
たまにさ、
「キーボーは本当はパチンコしてるぞ!」
みたいなコメントもらうよな。

パチンコ依存症ってのはさ、
「言い訳」と「嘘」と「見栄」の塊なんだわな。
そりゃ疑う奴もいるだろうな。

でもさ、
俺が無反応なのはさ、
そんな事絶対にないと説明しなくても、
皆に伝わってる自信があるからなんだよな。


説明不要じゃんか。

信じてくれる人がいるからね。

十分なんだよな。

何度も言ってるけど、
俺はパチンコ依存症の救世主なんか目指してない。

俺を含めて、
ブログ内の人が、
禁パチして、
飛躍して、
幸せをどんどん手に入れる。

これで十分。



これで十分!なんてドヤ顔で言えるのは、
何より皆の聡明さのおかげ。

俺の拙い文章も、
背景まで読み取ってくれる。
言いたい事の先まで見てくれる。

はっきり言ってプレッシャーに感じるほどの聡明さを感じる事もあるよ。

義理人情に厚くて、
道徳心の強い人ばかり。

単純に健やかなんだよ。

そう、

パチンコさえ知らなかったら、
という後悔を感じてしまうほどにね。



話が逸れたけどさ、

信じてくれる人。



「週末乗り切れました!」
というコメントに、

「行かないって信じてました」
の掛け声。

「ありがとう」
って。


多くは語らないけど、
わかるよね。

この、

最高で、

最強の、

コミュニケーション。



いいか。

地球の裏側の会ったこともない人と一緒に仕事ができる時代だ。

前例なんてない新しい時代を生きてんだよ。

今よりもっとインターネットの力が見直される日がくるだろうよ。

もしかしたらパチンコ依存症に対しての、
ネットを使った医療技術が発表されるかもしれないよな。

「良質なネットコミュニケーションが脳に与える好影響論文」なんて物が発表された時、
俺達はすでにその恩恵を授かっていたと実感し、
盛大に震えようぜ。



だからさ、

声を掛ける方の素晴らしさ。
受け取った方の嬉しさ。

もうね。

どっちも最高だよな。

パチンコ依存症の枯渇した感情に、
「信じる」「信じてもらう」
という経験がいきなり目の前にあるんだからね。

俺もブログを通して忘れられない日があるよ。



いいか。

禁パチで考えてもやっぱり同じ。

信じてもらうには、
信じる事からはじまる。

自分を信じなきゃ一歩も踏み出せない。

不安があるのは当たり前だし、
最初から自信がある方が不自然。

まずは自分を信じる事から始まる。


じゃあさ、


パチンコ依存症はどうだろうな。

疑う事から始まるよな。

「もう騙されないぞ」
という気持ちが動く世界だから仕方ないよな。

物事をなんでも疑うから、
純粋な幸せすら疑う始末。

信じてもらった事がないから、
信じる事も知らない。

根源にある「パチンコ依存症の滑稽さ」はまさにコレなのかもしれないな。



俺がこんな糞ブログ続けられるのはさ、

必死になって説明なんかしなくても、
わかってくれる人がいるから。

わざわざ言い訳なんかしなくても、
信じてくれる人がいるから。



そして、

誰でもさ、

コメント欄や日常の交流で、
信じてもらえた日がくる。

人間なんだし、

期待されれば期待に応えようと無意識に動いちゃう。
信じてもらえれば裏切らないように頑張っちゃう。

この小さいようで、

強力な「信じてくれる人」の存在。

お前にはいるのかよ。

何言ってもさ、

誰も信じてくれないんじゃないの?



「ギャンブル依存症の言う事は家族でも信用するな」

こんな格言まであるよな。

そんな格言が浸透した世の中を生きるんだ。

依存症が普通の精神状態で生きる方がおかしいわな。


だからさ、

俺への迷惑だとか、
誤字脱字だとか、
空気感だとか、
そんなのどーでもいいの。
そんな事考えてる場合じゃないの。

自分自身の禁パチ成功の為だけに、
揉みくちゃに踏み台にすればいいんだよ。

この糞ブログに存在意義が万が一あるとすればそれだわな。

もちろん、

身近にいる人とのコミュニケーションで得たっていいに決まってる。

人間、ネットだけじゃやっぱり生きられない。

全部含めてさ、
使える物は使っちゃおーぜ。

まぁ、

アレだ。

うん。

まずは自分を信じろよ。

話はそれからだ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ