0%禁パチ我慢

パチンコ依存症になって借金をし始めると癖になる。

「借りる事」が「当たり前」すぎて「借金」するのに抵抗がなくなる。

だから気付いたら大変な金額になってんだろうな。

金だけじゃない。
「時間」だって「人間関係」だって「おろそかにする」のが当たり前になる。

俺はさ、
借金を毎月返してて思うよ。

借りる簡単さと返す大変さを勘違いしない方がいいとね。



俺宛のメッセージにも、
年間通して何人も「パチンコ依存症で借金が苦しい」という趣旨のメッセージが届く。

はっきり言うけど、

自分が借金している身で、
返済中の身で、
他人の借金にアドバイスできる事なんて多くない。

ただ、

俺がどうしてきたかを伝える事しかできない。

俺はパチンコ依存症が間接的な原因で借金した。

金額もそこそこあったし、
金利の数パーセントで大金が変わってくるほどだったよね。

借金問題の記事で書いてある通り。



でね、

パチンコ依存症という自覚と、
パチンコの借金という事実が目の前にあるのなら、
俺に相談する前にもっと他の方法があるよな。

まずは、

パチンコから確実に離れる事だ。

そう、

禁パチだよ。

まず、禁パチする事で、
これ以上借金が増えるという状況は止められる。

話はそれからじゃないの?

パチンコ依存症にも段階があるとは思う。

パチンコを打つ為に借金するってのは、
最終段階に近い。


でもさ、


パチンコで負けた後に、
急な出費があって借りる事になる人も大勢いると思う。



パチンコで借金する背景はそれぞれあるのはわかる。

それでも、

パチンコ依存症が借金するのは、
どんな背景だろうと、
原因は「パチンコ」で間違いないよな。
俺を含めてね。


だからさ、

やっぱり、

借金の借り換えだとか、
借金の見直しだとかの前に、

原因を取り除かないと意味がないよな。

もう一度言うよ。

禁パチだ。



俺はさ、

「今までのパチンコの負け額が返ってくるならもう二度とパチンコはしないのに・・・」
と考えた事もあった。

この発想がクズなのは誰でもわかるけど、
絶対にクズから抜け出せない理由があったんだよね。

本気でさ、
何かを願ったり、
何かを目指すなら、

「パチンコはきちんとやめたから今までパチンコ負け額が返ってほしい・・・」

これでも十分すぎるクズだけど、
求める順序は正しくなった。

絶対に叶わないけど、
願いとしては気持ちはわかるよ。



つまり、

パチンコで借金してさ、
「パチンコ依存症なんですけど借金が苦しいです」

って間違ってるよな。

もう本気を感じないわな。

「パチンコからは足を洗いました。でも借金が苦しいです」
じゃないと、
次の話に行かないよな。


俺の糞ブログはさ、
あらゆる負の根源(借金など)を断ち切る為に「禁パチ」できればいいと思ってやってる。

でもさ、

パチンコ依存症と借金ってのはほぼセットなのか!?

と思うほど、
メッセージがくるんだよ。

酷い物だと、
「助けて下さい 振込先」
ですよ。
「本当に借金してるのか?」
ですよ。


何度か記事でアンサーしてるけど、
個々でそれぞれ思う事が違うんだろうな。

まぁ、

俺は自分を守る為も込めて、
今回の記事から「パチンコ依存症と借金」というカテゴリーに分ける。

俺も現在進行中の借金返済者だし、
ブログ内でお金の事を言いにくさも感じていたから、
いい機会なのかもしれないけどね。

最後にハッキリ言うけど、

パチンコ依存症の借金は癖になるからな。

誰かに肩代わりしてもらったり、
家族に頼ったり、
・・・
数年後また借金まみれなんて話だってあるんだ。

そんな奴が、
禁パチするっては、
借金にも本気になるって事だ。

そこだけ勘違いしちゃいけないね。

パチンコの借金そのものに対する対処方法なんかは、
借金問題を解決する」の中だけで書くから。

まぁ、

実際俺自身が借金に向き合って大変さを実感している物だからね。
ちょっと厳しい事は言いたくもなる。

でも、
大丈夫。
絶対返せる。



借金していない人には、
禁パチの栄養として、
パチンコの反面教師として、
パチンコ依存症と借金という課題が出たら読み流して下さい。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方
脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方 [単行本(ソフトカバー)]
ジョン J. レイティ
NHK出版


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ