0%禁パチ我慢

ここ最近「パチンコの借金」についてメッセージをくれた方へ。

先に言いますがメッセージには返信していません。
だから、記事でアンサーさせて頂きますね。

パチンコ、借金、お金の不安、明日への不安。

心が痛むような内容。

その全部の気持ちが俺もわかるからさ。

中でも印象的な発想があった。


「今月の借金返済額にあと5千円足りない時パチンコを思い出す」

という一文。

うん。

わかる。

今月という単位で、
5千円という金額で、
一回のパチンコで行き来する金額を考えればね。



パチンコって一日で。いや数時間で結果が出る物。

だからこそ、
早くに好転させたい!という欲求も合わさって、
ついついパチンコという発想が生まれてしまうよね。

勝った時の安心感を夢見てしまうよね。



いいか。

よく考えてほしい。

パチンコに10回行って何回勝ってましたか?

俺の経験談だと3回程度。
あなたも決して遠くない数字でしょう。

じゃあ、

今月パチンコで5千円埋め合わせが出来たとします。

次に同じ状況になったらどうしますか?

いつか負けます。
100%その日は来ます。

その時、

5千円足りないだけだった状況から、
一気に3万、5万足りない状況に陥ります。

次の月にも影響してしまう金額だよね。

すると、
借金を減らしたいだけのに、
埋め合わせしないといけないお金が増えますよね。

そうやって、
何度も何度も、
「もうパチンコはしない」
と思う日を経験しながらここまで辿り着いたわけだ。

パチンコで借金を埋めようと思うから、
パチンコで借金が増えたわけだ。

それに、

今万が一パチンコで勝って乗り切ってしまったら、
来年のあなたは倍の借金になっている可能性もある。

・・・

じゃあ、

まず5千円足りない月に、
「パチンコ以外で乗り切る」
という経験を埋めようか。

1番最初に「誰かに借りる」という発想が出てしまうかもしれないね。
それは「最後の最後の最後の手段」だと思った方がいい。

なぜなら、

きついながらでも借金の返済が滞りなくできて、
ほんのちょっとだけで貯金にも回せる。

そんな状況を作る為に何をしたんだろう。

自分の足元を、
もう一度「考えれる部分」は本当にないのだろうか。

パチンコが打てる時間はあるのに○○する時間はない。

本当にそうなのだろうか。



あのね、

借金をしたんだ。
わかるよね。

5千円足りない状況と3万円足りない状況は全然違うよね。

パチンコって、
5千円負けも3万円負けも同じに感じるほど脳が麻痺しちゃう。

5千円稼ぐのと3万円稼ぐ重みに置き換えて青ざめるのにね。



今回の話。

じゃあ、手元に余裕資金があったらパチンコしないのか?

って事。

5千円足りないからパチンコを思い出すなんて、
打つための言い訳なんじゃないの?

俺からはこれ以上の事は言えない。

答えになっていないよね。
でもね、
最初から答えなんて出そうとしていないよ。

自分で見つけようぜ。

必ずあるんだから。



自分の人生、
操縦桿を握っているのは自分しかいない。

大事な人の為にと頑張るのも、
頑張ろうと操縦桿を切った人だけなんだよな。


俺の操縦桿?


まだちゃんと握ってないと真っ直ぐ飛んでくれるか心配だ。

二年キリマンジャロまで真っ直ぐ飛ぶよ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ