0%禁パチ我慢

パチンコやパチスロの演出に喜ぶ馬鹿がいる。

そう。

パチンコのプレミア演出とかね。
大当たり確定画面とかね。

これってちょっと異常な光景だよな。

子供騙しにもならない、
あんなアニメ見せられて喜ぶ大人。


まずは、
その演出に興奮しちゃってさ、
感動しちゃってるヤバさに気付いた方がいい。

試しにさ、
パチンコ知らない人に見せてみようか?

「これ見て!レインボー柄!大当たり確定だぜ!」
「パチスロで確率の低いフリーズ演出引いたぜ!」

・・・

「そ、そうなんだ。良かったね」

リアクションは薄いだろうね。



でもね、
心の中ではどう思われてると思う?

まさに軽蔑。

氷菓子の当たり棒を自慢げに見せるほどの出来事。
いい大人が何してんだってね。



パチンコってさ、

精神の成長が止まる。
子供のような大人が完成される。

精神的な意味で、
「甘い」
人間になるんだよな。



どうにかなるさ。
よくわからない。
誰かやってくれるだろう。

こういう逃げの発想も多いよな。



「働いて稼いでパチンコで失う」

そりゃさ、
こんな人生続けたら、
成長するチャンスも失うわな。



そうするとさ、

日々の中で「感動できる物」がどんどん少なくなる。

食事も質素なら、
旅行も行かない。
交流もわずか。

だから、

パチンコの演出でしか感動できなくなる。



パチンコ依存症の末期になると、
お葬式を断って、
平気な顔でパチンコに行けるらしい。



つまりは「人として」という回路がぶっ壊れているんだろうね。

心の欲求が枯渇すると「パチンコでしか埋められない体」になっているんだろうね。



あのさ、

もしも大事な用事の最中に、
「連チャンが止まらない台がある!ホールに来てくれれば譲るぞ!」
って言われたら行っちゃうパチンコ依存症も居るはず。

うん。

行かないとしても、
「行きたくて行きたくてそわそわする」
そんな馬鹿は少なくないはず。



今度どこかの誰かさんが「パチンコ依存症チェック」を作るなら、
加えてくれよ。

葬式断ってパチンコ行けますか?
ってさ。



今回書いていて俺自身も気付いた事がある。

やっぱり人間は感情を大切にするべきだよな。

うん。

それも含めて「経験を埋めろ」だ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ