0%禁パチ我慢

どれだけ正真正銘のパチンコ依存症でも、
経験があると思う。

それは、
パチンコ打っている最中の空虚感。

「何やってんだろう・・・」
「自分の人生って一体なんなのか・・・」
ってね。

虚しくなるんだよな。

あのなんとも言えない、
心の居場所の無い感情は、
今思い出してもやりきれない。




そりゃさ、
パチンコの操作なんて、

金を入れて。
ハンドルを回す。
ジッと眺める。

パチスロの操作なんて、

金を入れて。
レバーを叩く。
リールを止める。



こんな単純作業に大金を注ぎ込むわけだ。

感じたことのないほどの没頭感で、
感じたことのないほどの集中力で。

そんな極限状態から、
ちょっと我に返ると、
「あれ・・・何してるんだろう・・・」
ってね。



俺が、
パチンコに依存している最中に、
その感情を抱いても続けてしまったのは、
空虚感を埋める物にパチンコを選び続けた結果なのかもしれない。



つまり、
空虚感や現実を誤魔化す為にするパチンコ。
そのパチンコでも空虚感を感じはじめる。

そう。

精神の負のループの完成だ。



こんな状況になれば、

一度に使う金額を増やし、
大きなリターンを狙ったりして、
より強い刺激で埋めようとする。

ダメだとはわかっているお金を使ってでも、
大当たりの快楽を得るために注ぎ込む。



結果的に、
空虚感を得たはずの物に、
さらに依存する。


これってさ、
「パチンコ依存症になる為の努力」
を無意識にしちゃっていたんだよな。



アホらしいよな。



やめようと思えばいつでもやめられる。
なんて思ったまま、
何年も棒に振ってきた。

だからわかるんだよ。
強く依存する一歩手前の心境がね。

「パチンコしててもつまらないなぁ」

こんな矛盾。
こんな空虚感。

そんな感情に時間と金を賭けて、
ストレスを得る。



でもね、
今だから言える事もある。

それは、
禁パチの燃料になってくれるのも「その時の空虚感」だったりする。

「パチンコしたいけど、パチンコほど馬鹿らしい物はないよなぁ・・・」
っていう状態。

そのタイミングで禁パチをしておけよ。

でないと、
昔の俺のように負のループに入り、
パチンコ依存症を強め、
地獄を見るからさ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる
世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる [単行本(ソフトカバー)]
久賀谷 亮
ダイヤモンド社



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ