20%禁パチ我慢


パチンコに行って500円で2箱出ました。
経過時間は2、30分程度の出来事だよな。

めったにない貴重な勝ちだね。
いくら勝ったかな。

あれ?
まだ続けんの?

タバコに火を付けて、
飲み物まで用意して、
これからが本番だ!ってね。



あれ?
あれからまだ3、40分程度だけど、
もう追加で現金使うの?

おや。
あまり良くないのか?
台を移るのか?

おい。
1万円札を紙屑のように使ってるけど大丈夫かよ?

あぁ、
5万も負けちゃったのかよ。

・・・

え?

あの時やめておけば良かった?

おい!
うそつくなよ!

お前はどうせ時間ある限り、
納得するまで打ち続ける気だっただろ?

パチンコ依存症だもんな。

少しの出玉じゃもう満足できないよな。
もっと、
もっと、
もっと玉をくれ!ってな。

そして負けるまで打ち続けるわけだ。

いっぱい出すという小さな夢に何万でも使っちまうわけだ。



腐ってる脳ミソじゃ、
ちょっとした金額じゃ反応しないからな。

お前は負けるまで打ち続ける性格なんだよ。
お前は負ける事が区切りなんだよ。

負けるまでは「打てる」と思ってるんだろ?

負けは命を削るのに、
勝ちは時間稼ぎにしかならない遊びなのにな。



いいか。

絶対に当たらないパチンコ台があったら、
お金使って打つ奴いないよな?

でもさ、

お前がパチンコをするって事は、
「絶対に当たらない台を打ってるのと同じ」
なんだよな。

どうせ最後は負けるまで打ち続ける。



そんな事実があるのにさ、
途中にある、
「大当たり」
が心地いいからやめられない。
なんて言う奴を見て「馬鹿」以外の何者でもないわな。

え?

今度は勝ったらちゃんとやめる?

おいおい。
冗談だろ。

勝ったらやめれば、
パチンコで負けないと思ってんの?

やっぱり馬鹿だわ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ