0%禁パチ我慢

先日、レジャー白書でパチンコ業界のデータを見たよ。
パチンコ人口とかパチンコ市場規模が公表される。

パチンコ人口は1070万人。
このパチンコ人口のカウント方法はよく知らないけど、
そのまま信じるとする。

パチンコ業界の売上は23兆2290億円。
とりあえず信じるとする。

さて、
この2つの数字がわかれば、
見える物があるね。




そう。

一人当たりの負担額。

23兆2290億円 ÷ 1070万人 = 約2,170,000円

うん。

こんなに単純な計算でもとんでもねぇ金額が出やがった。
一人当たり217万も使わないと、
この売上は達成できない。



しかし、

俺は騙されない。

ここからは、
俺の予測と偏見で数字を弾き出していく。



パチンコ人口の内、
月に1回とか年に数回の人だっているはずだ。

つまり、

年間数万円程度しか遊ばない一般客が3割ぐらいはいるはず。
という事は実質一人の負担額はどうなるか?



1070万人 × 30% = 約320万人
1070万人 - 320万人 = 750万人
23兆2290億円 ÷ 750万人 = 約310万円



おい。

パチンコに頻繁に通うやつ。
パチンコ依存症一人の負担額と言っても過言じゃない。
一人当たり310万だぞ。
年間だぞ。



いくらなんでも多すぎると思う?

いいや、

一回のパチンコ予算アンケートでもわかったけど、
たった一回のパチンコの予算が数万。
平均だと「5万」という基準が見えた。

さらに、
23兆円は景品交換で客に還元した分が入っていないと思うから、
利益はもっと減るだろうね。

まぁ現実的な話となると、
310万円使って「いくら取り返せるか」の遊び。

ちょっと運が傾けば、
人生がそのまま傾く。

そういう金額だよ。

パチンコ依存症ってのは、
寝る・食う・ちょっと動いて・パチンコ。
それだけ。

だから年収の大半をパチンコに使う奴だって珍しくない。
というか、借りてまで打つ奴がいるという事は、
自由資金を超えてパチンコするわけだ。

数字は嘘を付かない。
これがパチンコに依存した奴が見る地獄の一部。

格差社会を生きる中で、
一般層から底辺層に自ら落ちる行為。



さらに、
俺の追求はもう一つある。

国税庁が公表するデータを見た。

パチンコ店は、
「法人税の不正発見割合」
「1件あたりの不正脱漏金額」
両方で毎年上位に位置する業種だ。



23兆円という数字は脱税で「摘発」された物は入るだろうとは思うけど、
見つかっていない脱税の金額は見当もつかない。



24兆円か?25兆円か?
もっとだろうな。
桁が違う業界だもんな。


その数字で計算はあえてしない。

なぜなら、

負けを完全に認め、
パチンコに依存した自分自身を解放していた俺でも、
「なんてもったいない事をしてしまったのか・・・」
「絶対に負ける物だとわかっていながら・・・」
「くそっ・・・」
という後悔が蘇ってしまったからね。

もう消化したはずの後悔がね。



でも俺はね、
思うんだよ。

パチンコ店で、
大負けしてイライラして、
あぁどうしようと冷や汗をかいてお金を入れる奴。

本当に地獄だ。

でもね、

もっと地獄を味わう奴は、
自分の背中にドル箱を山積みにしている奴なんだよ。

勝ってしまうという事。
勝った記憶を持つという事。
自分は運が強いと思い込む事。
自分は他のパチンカーとは違うと思い込む事。

パチンコ依存症を強く固くする。
いつまでも勝てると思い込んだまま生きる。



今日もせっせと給料を運ぶのか?

誰も止めねぇよ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

パナソニック eneloop ファミリーセット 単3形充電池 4本・単4形充電池 2本 ・単1形・単2形スペーサー各2本入り K-KJ53MCC42S
パナソニック eneloop ファミリーセット 単3形充電池 4本・単4形充電池 2本 ・単1形・単2形スペーサー各2本入り K-KJ53MCC42S [エレクトロニクス]
パナソニック



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ