20%禁パチ我慢

何度も言ってきたけど、
「パチンコをやめる理由」があるから「禁パチ」を覚悟するわけだ。

俺で言うならば、
「このままパチンコしていたら俺はパチンコに殺される」
と悟った事が大きな理由の一つ。



そして「禁パチ」すると必ず「メリット」を体感する。

俺で言うならば、
「パチンコ行かないと財布のお金って減らないじゃん!」
が最初の感情。




まずは、

パチンコをやめた理由を明確にしてほしい。

「パチンコしているとあっという間に歳をとってしまうから」
「パチンコしているとお金がいくらあっても足りないから」
「パチンコしていると精神的に追いつめられるから」
「パチンコしているとどんどん不健康になるから」
「パチンコしていると自分がだんだん嫌いになってしまうから」
「パチンコしていると家族に迷惑をかけるから」
「パチンコしていると子供の成長を見守れないから」

こうやって箇条書きにでもして、
一枚の紙にでも書いておけばいい。
俺の糞ブログのコメント欄でも構わない。



そして「パチンコをやめるメリット」もきちんと噛みしめる。

禁パチするとなんとなく調子いい。
なんて理由じゃないはずだよね。
自分の中で見えてくる無数のメリットを明確にしてほしい。

「お金に対する不安がなくなった」
「精神的な開放感を感じて心が安定した」
「不健康な肉体がみるみる健康的になってきた」
「今までやりたいと思ったままだった事ができた」
「友人と会う時間ができた」
「家族と一緒に居る時間ができた」
「人生の目標ができた」
「物に対する価値観が正常になってきた」

同じく箇条書きにでもして、
書いておく。



禁パチの過程で自分に訪れた感覚は、
その時の自分にしかわからない物も多いんだよね。


つまりさ、


「家族と一緒に居る時間ができた」
という禁パチのメリットを例にすると・・・

パチンコ依存症から脱却する過程の中で、
家族と一緒に居れる事に感謝したという事だよね。

それから月日が経過する。

例えば禁パチ一年富士を越えた頃にどう思うかというと、
「いつも家族と一緒だし、たまには一人でパチンコでもしたいものだ」
と考える事になる。


これが人間の脳の仕組み。


こんな発想が生まれた時こそ、
用意した「パチンコやめる理由とメリット」の紙を見る。

すると、
思い出すんだよ。
昨日の事のようにね。


俺は自分で書いた記事を読んで、
身震いする自分の言葉がある。

「パチンコに負けて家に帰って飯も食えずに床に倒れこみ冷や汗ダラダラ垂らして不安で死にそうになった」

たしかに今現在の俺から考えれば、
「過去の自分」
になりつつあるからね。

よっぽど意識しなければ、
あんなに辛かった過去なのに忘れてしまう。



つまり、

「パチンコをやめる理由とメリットを忘れるな」
って事なんだよ。


俺が過去に何度もスリップを繰り返していた時は、
頭の中でさ、
「パチンコは絶対勝てねぇ!もう二度と行かない!」
その程度の感情から、
禁パチしていたつもりになっていただけなんだよね。


今思えば、
そんなの禁パチの土俵にすら立っていない。



いいか。

本当の意味での「パチンコをやめる理由」を考えろよ。

俺の場合は「勝てない」から「行かない」んじゃなかったんだよな。

勝ってしまったら「負けるまで通う事になる」から「行かない」んだよ。

こういう事が意識の中で理解できてくると、
「パチンコをやめる理由」
しかない。

どんなに欲求が湧いても「行く理由」が見つからない。


とは言っても、
そりゃ、

理屈抜きでパチンコしたくなる感情もわかる。
だからこそ「踏ん張る」事は必然。


あー

硬い。

固い。

堅い!


パチンコをやめる理由をストレートに教えてやるよ。

パチンコなんかやってる奴の死んだ目を見てみろよ。

金もねぇ。

時間もねぇ。

友達もいねぇ。

家族の信頼もねぇ。

趣味もねぇ。

熱く語れる話はパチンコの連チャン記録の話だけ。

飯も質素だしよ。

汚ねぇ服を着まわしてんだよな。

嘘は平気で言うし、
他人の物だって平気で盗むような奴らばかり。

パチンコ屋で何回も残高のあるカードを盗まれたかわかんねぇよ!

精神年齢は低くって、しゃべると馬鹿丸出し。

すぐ熱くなってカッとしてかんしゃく起こす始末。

口癖はこの台がなくなったらパチンコをやめるとかいう嘘。

ストレス溜まってるから老けちゃってさ。

情緒不安定の言動は当たり前。



で?

パチンコやめる理由?

ありすぎて書ききれないね。

パチンコやめるメリット?

ありすぎて書ききれないね。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

夢ノート keisuke Honda
夢ノート keisuke Honda [オフィス用品]
イオン



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ