0%禁パチ我慢

禁パチしていつになったら、

本気で心から、

「パチンコはやめました」

と言えるのだろう?

今日は、禁パチの道筋を本気で考えてみる。




まず、いきなり結論だけど、

そんな物に決まりはない。

って事。



だけど、

本当に一番危険なのは、

「忘れた頃」

なんだよね。



これは禁パチだけの話じゃないよね。

人生の教訓っていうのは、

忘れた頃に試されるんだよ。

昔の人達から耳にタコができるほど教わってきた。
そして、様々な面で俺達も納得できる経験をしてきたはず。

俺もよく使う「油断大敵」なんて、
それこそ四字熟語で「気のゆるみを戒めたことば」だし。



じゃあ、

古くからの先人はギャンブルに対してどんな言葉を残してきたのかを勉強してみた。



「博奕と相場は死んでも止まぬ」

博奕や相場に手を染めると一生やめられないこと。

なるほどね。博奕好きは死ぬまで博奕好きだっていう教訓だね。
これは現代の医学でも似たような検証報告があるので、
自分の性格として受け止めて、
無理なく断つ事が一番だね。
昔と違って多種多様な趣味が選べる時代なのは幸いだと思う。





「博奕打ちの千切れ草履」

博奕好きは、博奕にこそ大金を張るが、自分の身の回りの品は草履一足買えないということ。

うんうん。草履の時代からギャンブル中毒になるときったねー格好だったわけだ。
人生の優先順位の一番にギャンブルがきてしまう証拠だね。
俺はこれの逆算で、身の回りを整えれば禁パチを捗らせる事に役立つと確信している。





「相撲の果ては喧嘩になり、博奕の果ては盗みになる」

博奕打ちが最後は盗人になるということ。

まさにですね。現代でもギャンブル場の犯罪では置き引きが多発していますね。
結局はそういう事なんですよね。
俺も、残高のある遊技カードを盗まれた事があります。
今思い出しても、誰も信用できないような環境だったと思います。
そういう俺自身も確実に犯罪者予備軍に入っていたことでしょう。




まだまだある。

そして、博奕に関することわざに「良い意味」の物は皆無だった。

こういう事実を考えると、

俺個人としては、

胸を張って「パチンコやめました」って言えるのはもう少し先かなと思う。

ぶっちゃけね、

もう行きたいなんていう欲求はゼロの日の方が多いし、
実際に行ける状況に陥っても葛藤もせずに絶対やらないと思う。

でもね、

俺が以前スリップした時も同じ心境だったんだよね。

そんな時にスリップするんだから、本気で後悔したのを覚えている。

だから、

まじで、

油断大敵なんだよね。



禁パチを進める事で、俺のブログを忘れる日は必ずやってくる。

いや、やってきてくれないとおかしい。

だけど、

これだけは忘れないでほしい。

三ヶ月山を越えるまでは、「誘惑」「甘え」「欲求」という「敵」と戦かった。

それ以降の最大の敵は「油断」だということ。



そうだ。

俺は皆が忘れる暇もないほどに「油断」するなと叫び続けようと思う。

お安い御用だ。

というか、自分の為だ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

記憶力日本一が教える`ライバルに勝つ'記憶術 仕事も勉強も面白いほど成果が出る!
記憶力日本一が教える`ライバルに勝つ'記憶術 仕事も勉強も面白いほど成果が出る! [単行本]
池田 義博
世界文化社



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ