0%禁パチ我慢

禁パチ300日達成です。
禁パチ当初は世の中全てが敵だった。
今は世の中の素晴らしさに感動できる。

まぁまだまだ通過点ですよ!

さぁ

ちょっと想像してほしい。

財布に3万入れてパチンコに挑んだとしよう。

その3万円で絶対に大当たりを引いてやるという意気込み。

できることなら最初の1万円以内で当てたいところだ!

いざ勝負!

2万5千円負け・・・

さて残りの5千円をどうしますか??




依存症だった俺は、残りの5千円なんて紙くず同然。

ここまできてやめれない!

当たれば天国、出なけりゃ地獄!

そうやって5千円という大金も簡単に使ってしまっていた。

まさに5千という金の価値を忘れてしまう瞬間。

だから常に負けるときは財布が空っぽになっていた。

帰り道でさ、

ATM。

金をおろして、帰ると見せかけて・・・

パチンコ屋にUターン。


こういうパチンコの打ち方をしていた。


それでね、

帰り道にあるコンビニやスーパーによって食いたいものをありったけ買って3000円。

この時だけ、パチンコの負け額がいかに凄いかを毎回実感していた。

こんなに価値があるお金なのに。


パチンコをしていると、

ある一瞬だけお札が紙くずに感じる時がやってくる。

5万負けも6万負けも同じだ!

なんて思って1万円すらも紙くずにしていた時もある。


凄まじい金銭感覚。


今思い出しただけでも恐怖。


こういう世界にどっぷり何年もいたわけだから、
金なんて貯まるわけがない。


パチンコ知らない人にとっては、

そんなリスクある遊びなら勝つときはすごいんでしょ?って思うだろうね。

でも、勝つときなんてほとんんどないし、勝っても少額。

一年で一回か二回ぐらいは10万ぐらい勝てるかな?っていう現実。

さらには、勝ったお金もまたパチンコに使う始末。


こうして書いてみると、わけがわからなくなるほど馬鹿っぽいね。


それでさ、

こういう金銭感覚で生きてると、
食べ物や買い物より軍資金にするお金を大事にしはじめる。

飯なんてカップラーメンでいい!

節約してパチンコで勝負するんだ!ってね。

仕事なんて面倒だな!

人付き合いなんていらない!

洋服も買わずに軍資金にするんだ!ってね。


そんな思いまでして軍資金を捻出しているのに、

ある一瞬だけお札が紙くずに思えてしまうような思考。


馬鹿丸出し。


まるで世の中の価値がわかっていない。



そうやって生きてるとある日聞くんだよ。

会社の同期とかが高級車を買ったとか、マイホームを建てたってね。

そいつからしてみれば、
まるで子供お小遣いのような金額で切磋琢磨している俺。

金の価値を知らないからね。

5千円をゴミだと思ってさ、

タバコふかしてさ、

そんな惨めで惨めで仕方のない人生って何なんでしょうね?


当時は「今更パチンコをやめても何も変わらない」なんて思っていたっけ。


でも現実は大きく違った。

金の価値、

時間の価値、

健康の価値、

生きる価値。

そういった物がどんどんどんどん正常化してくる。

諦めていた物すべてが、実は手の届く物なのだと心から思えてくる。



いいか。


何年もの間、金を紙くずみたいに扱っていた俺がまず直面したのは、
貯めることのスピードの遅さ。

使う時に何分かで終わっていた金額。

それをいざ貯めようと思った時の遅さだよ。

これが中々の苦痛なわけ。


正直、パチンコで勝てば一瞬じゃん!っていう誘惑が出る。


でもね。

まったく違ったよね。

本当に大事なのは貯める金額とかスピードじゃねぇんだわ。


「貯めるという習慣」


なんだよ。

俺に足りなかった物はさ。

この習慣が身につくと、そこから自然に生まれる感情にあるのが「金は大事」ということ。

「紙くず」から「大事」に変わるのね。

そうすると、

不思議なもので結構貯まってくる感覚もわかってくる。




もうわかったと思うけどさ、禁パチに近道なんてやっぱりないんだよね。

少しづつ毒を抜いていく作業なんだよ。



今まさに金を紙くずのように使ってしまっている奴は、

悪いことは言わないから、1円を馬鹿にするな。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

10万円貯まる本 おばあちゃんが伝える日本の知恵版
10万円貯まる本 おばあちゃんが伝える日本の知恵版 [おもちゃ&ホビー]
テンヨー



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ