0%禁パチ我慢

禁パチをして二ヶ月を越えたあなたへ。

そして、いつも俺の糞ブログにコメントを下さるみゅーたんさんへ。

二ヶ月を越える時に覚えておいてほしいこと。

当時の俺の心境を思い出してみようと思います。




まずは、

二ヶ月峠の制覇、本当に おめでとうございます。

お疲れ様でした。

その踏ん張った努力は「必ず」自分や周りへ良い結果を残すことでしょう。

そして、

ここからが誘惑との戦いが増す時期でもあります。

なぜか人間は3の倍数で動くのです。

「三日坊主」
「三年目の浮気」
「三日天下」
「仏の顔も三度まで」
「石の上にも三年」

古くから三という数字が何か強いパワーを持っていたことは間違いありません。

まったく関係のない禁パチの話だと思うかもしれませんが、
禁煙だって三ヶ月目は山場だと思いますし、
ちょうど集中力が途切れたり、甘えが出たりするんでしょうね。


で、

俺の三ヶ月目の心境はというと。

まず人生で禁パチ三ヶ月目を迎えるのは初めてでした。

そして、ここまでの我慢を乗り越えてもまだたったの二ヶ月ということに落胆していました。

そんな中でもゲームを手に入れて、
家での暇をなくしたりして「なんとか踏ん張っていた」気がします。

この頃から他の趣味やハマれる物を無我夢中で探していました。


そして、

悪魔のささやきが何度も起こる日もありました。

こんなに我慢してもたった二ヶ月なら、一生なんてきっと無理だ!
だったら今からパチンコだぜ♪
いつも行っていた店を覗いてみようかな?打たなければいいよね?

こんな思考が湧いてきます。

おかしな話ですが、禁パチに飽きている状態でもありました。

三ヶ月を越えるのにまだまだ一ヶ月もある。
その現実を受け入れるのにやっとでした。

でも、

今だからこそ断言できます。

そんな甘ったれた期間を越えてこそ今がある。

その時の自分に本気で感謝しています。

「よくぞ行かないで耐えた!」

一度行くことの恐怖はもう耳にタコが出来るほどこのブログでは言っていますので、
行きたくなったら自分の文章で励まされていたのも事実です。

越えてしまうと、

フッと肩の力が抜けて禁パチに挑めるんですよ。

もうね、

「パチンコを知らない人ってこういう世界に生きているんだ」

ってね。

さぁ

三ヶ月山が始まります。

もう一度、フンドシを締めなおして挑んで下さい。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法
「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法 [単行本]
大嶋 信頼
すばる舎



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ