0%禁パチ我慢

禁パチブログを書いていて思う。

こうやって記事を書くことで常にパチンコのことを思い出してしまうんじゃないかって。

いつまでも続けていればパチンコを忘れられないんじゃないかって。

でもね。

俺はパチンコを忘れないことにした。




えーと、どうしてそう思ったのか。

例えば、

目の前に分かれ道があったとして。
右に行った日は良いことが多い。
左に行った日は必ず災難が起こっている。

あなたはどっちに行きますか?

右でしょ。

なんで右なの?

「左に行くと悪いことが起こる」
と知っているから。

覚えているから。

だから右を選び続けることができると思う。

禁パチしていた人で3年やめていたのにスリップした人がいるのは、
禁パチの大事さを忘れてしまうからに他ならない。

あれ?なんで左に行っちゃいけないんだっけ?ってね。

長期間禁パチすることで

「禁パチすることの意味」
それすらも忘れてしまうんだろうね。

そうやってスリップした人は決して油断したんじゃない。
パチンコの怖さすらも忘れてしまってるんだよ。

人間の脳みそって嫌な記憶は忘れるようにできているらしい。

だからパチンコをいくら憎んでも時間の経過でその強い憎悪も薄れる。
それは仕方ない。

でも、こうしてブログで日々禁パチの重要性を思い出せるならどうだろうか?

いや、俺もまだ禁パチ半人前だから効果はわからないけど。

それも知りたい。

だから

俺はパチンコを忘れない。

覚えていてやる。

いいか!パチンコの糞野郎!
今まで脳みそから「お前を消すこと」に注力したが、
お前の「ダメな部分」だけは、
俺が死ぬまで覚えていてやるからな。

時間が経てば俺の気持ちが変わると思ったか?
またパチンコやる日がくると思ったか?

ふざけんなよ。

誰が行くかよ。

一円でもやるかよ。

その辺の誘惑に負けちゃう野郎と一緒にするな。

俺が決めたんだ。

もう、

もう二度と行かねぇって。

貫くよ。

覚悟しておけよ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

ちいさなことにイライラしなくなる本
ちいさなことにイライラしなくなる本 [単行本(ソフトカバー)]
大嶋信頼
マガジンハウス



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ