0%禁パチ我慢

先日、みゅーたんさんやさーやさんから頂いたコメントを読んで思い出した。

禁パチのさらに先にある効果を。

ただ単純に

「お金がもったいない」
「時間がもったいない」

とかそういう「表面上のメリット」じゃないんだ。




俺が思い出したのは、

「人として生きることの大切さ」

いやー

くさいこと言ってるとは思うんだけど、これね、本当だよ。

特にさーやさんのご両親の話も、
実は俺も思ったことがある。

禁パチ50日ぐらいの越えてからジワジワと。

「俺の親も人間だ。いつかは天国にいってしまう。何かしてやりたい。」

「久しぶりにあいつと飲みたいなぁ」

「冠婚葬祭は大事にしないとね」

「お金を使うのは簡単だけど貯めるのは大変だなぁ」

「そうだ、あいつのお祝いをしてやろう」

「おいしいもの食べると元気でるぜ」

「体を動かして汗をかくのは本当に気持ちいいぜ」

「身なりはいつもキレイにしておきたいなぁ」

みたいな。。。


そう。

普通の人が普通に思ったり感じたり行ったりしていること。

この記事をパチンコしていない人が読めば「何言ってんのこいつ」 と思うだろうね。



だからパチンコしていた時の、
俺の発想を聞いてほしい。


「パチンコ負けた。家族に嘘ついてお金をもらえる方法はないかなぁ」

「明日はパチ屋のイベントだぞ飲みの誘いは断ろう」

「誰か亡くなったことにして仕事休んで朝からパチにいこう!」

「金は天下のまわりもの!じゃんじゃん使って10万勝つぜ!」

「あいつのお祝いは忘れたフリをしておこう」

「飯なんて腹いっぱいになれば同じ。食わなくてもいいね」

「ジムに行くなんて面倒だ。パチンコのほうが面白いね」

「カバンに穴あいたけど、接着剤で直ったぜ!」



ほぼこんな調子。


つまり、

人生の第一優先事項が

「パチンコ」

寝るよりもパチンコ

飯よりもパチンコ

誰よりもパチンコ

朝から閉店までパチンコ

寝て起きてパチンコ


こうして文字に書くと怖いね。。。
これが俺のパチンコ依存症時代。
まぁ、昔を悔やむのはこのくらいにしておこう。

今はこういう感情を思い出せて本当によかったと思う。

もうね、

あんな猿遊びに時間使っている場合じゃないんだよ俺は。

今回のブログを書いていて良い意味で気分が下がった。
何か大声叫びたい気分だ。


今日も財布の金は減らない。

俺の禁パチ人生の展望
まずは「借金問題を解決する」こと。
そして「禁パチ中の暇を埋める」こと。
同時に「仕事の悩みを解決する」こと。
そして「将来に向けたお金の計画」を考える。

小さなことで感情をゆさぶられるあなたへ
小さなことで感情をゆさぶられるあなたへ [単行本(ソフトカバー)]
大嶋 信頼
PHP研究所



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ